かがやき神戸 での仲間のみなさんの書道作品を紹介します

かがやき神戸は神戸市北区にある知的障害者を含む様々な障害のある高卒以上の年齢の方々の通所施設です。かがやき神戸の前身であるつくしんぼ共同作業所時代の1996年から、仲間のみなさんと文字を覚えつつ、また文字に不自由のない方とは伝えたい言葉を探しながら 書で表現してみるという活動を続けてきました。このページでは、皆さんの作品を少しずつ紹介していきたいと思います。

小倉台の桜 今年は4月12日 満開で楽しめました
小倉台の桜 今年は4月12日 満開で楽しめました

5月活動 時代は令和へ

つくしんぼ

さえこさん

写真のピントがイマイチでごめんなさい

この日に ぴったりの 言葉でした

香取慎吾さん達の活動名なんだそうですが、新しい時代を迎え、20周年になるかがやき神戸にとっても ワクワクするような 言葉を書いていただきました。

作品も のびのびとして 自分が創る という気持ちが伝わってきます。  

ぐりぃと

ロン君

クラウンの活動について言葉を選んでいただきました。食後、先生が来られるまでや、先生のレッスンが無い時、皆さんで音楽をかけて 歌って 舞台の練習をされています。

ロン君、あっという間に書き上げてしまわれるのですが、墨の入りと 軽いふっわとしたところ 上手に表現されています。

つくしんぼ

ゆみこさん

20周年でお世話になった方々にプレゼントしたい言葉。

ふんわりした書に 優しい気持ちがこもっています。

 

谷上支援センター

Mさん

端正に良く伸びた線で書けました。

純粋で 誠実な感じがして、Mさんに これを見せられて「約束!」って言われたら 誰も破ることはできないだろうね なんて話になりました。

ぐりぃと

よっちゃん

久しぶりの書道!しばらくの お休みを感じさせない 20周年のお祝いの言葉。

多字数をうまく紙面にまとめているのに 勢い良いですね。

よっちゃんならではの 表現です。

ぐりぃと

ぶっちょさん

前回のかがやき神戸20周年 よりも 生き生きとしましたね。

みんなで 20周年大会で乾杯するのを想像して下さったそうです。ちなみに お酒はダメで ジュースで とか。

これも 元気いっぱい、の作品で 乾のつくりを上手に入れる ぶっちょさんの技量にも乾杯したくなります。

時代が令和へ 4月活動より

つくしんぼ

よしおさん

魚を書き続けているよしおさん。

自分で練習されて 書かれていた「平目」

これは 本当に 平目だ!!と驚いた作品です。

 

ぐりいと 3名 OK アニキ ぶっちょさん

新元号発表の日はみなさん そわそわ されていたとか。

皆で令和を書くかと思いきや、昭和から3つの時代をそれぞれが書かれました。

私と同じく 昭和から3つ目の時代を迎えた方も。

昭和64年が平成元年でしたね。

谷上支援センター

Mさん

令の立て画が紙の中央を通って引き締まり、和では 柔らかな 雰囲気が出せました。

「令」「和」それぞれの漢字が持つ意味を皆で書きながら 考える 良い機会となりました。

ぐりぃと ロン君

早書き、あっという間に書き上げてしまうロン君。

春の小川 実にさらさら流れるように。

春が広がりを見せ、小川の二文字がなんとも上手い構成になりました。一瞬で書き上げるのに この構成力!

この小川のまとめ方、なかなかなものだと思いますよ。

 

だんだん Iさん

 

左利きで初めて書道をされたときに 隷書をすすめました。それから たまーに 書道に参加されるときにはいつも 隷書で2枚ほど書いて 仕事へ戻っていかれていました。

今日は とても熱心に練習を繰り返し 明るい 表情のある「春」になりました。

北区ふれあいフェスタ2019 岩橋さん入選🎉👑!

岩橋さん おめでとうございます!

現在 谷上駅ドーム街に展示中です

鑑賞者の皆様からの人気投票で入選決定されたそうです。

皆さんから選ばれるのは 何より素晴らしいですね!

 

岩橋さんの練習風景です

筆に少し補助具を付けて 姿勢を安定させ、自由に筆を動かされます。握りつらい筆も 工夫を凝らしていただくことで こんなに表現しやすくなるものなんですね

谷上支援センター

Kさん

一年で一番寒い時期。

おもい浮かぶのは 北風 降雪 インフルエンザ・・・

でも、書くことは元気が出る言葉が良い!

と 選ばれた 「風の子」

子どもが マフラーも放り出して 遊ぶ姿を思い浮かべながら。

「風」の文字の中も広く取れて 文字通り風の通り良いイメージ。

「子」がしっかり書けて 寒さに負けない強さを表現!

 

 

つくしんぼ

つぐみさん

温かい部屋でみかんを食べるのが美味しいですね

 

つぐみさん 書く姿勢と補助の位置が上手くいくと すごく滑らかに筆が動くのですが それを見つけるのが難しい。

皆さん ベストの体制(姿勢)を取って、書く時に上手く角度調整できると 思い通りの表現ができるのだけど。それに ベストのタイミング というのもありますね。

順番を待っていただく間に眠たくなったり・・反省することがいっぱいです。

地域支援センター ひだまり

Tさん

美味しそうな「白桃」

実に熱心に練習されました。白を小さめに、桃をどっしりおおらかに立派な桃 の作品ができました。

実はこの書、9月作品で 9月作品のMPV

ところが 写真を保存しそこない 今頃の掲載となりました。ごめんなさい。

こうべ障がい者芸術フェスタ 2017年1月25日~28日

ハートでアート神戸に代わり、今年から神戸市社会福祉協議会様主催で

「こうべ障がい者芸術フェスタ」が開催されました。

かがやき神戸から 書道でもたくさんの作品を出品、会場で綺麗に展示していただきました。

今年は入賞が有りませんでしたが、とても作品たちは明るく、美しく言葉を見せてくれていました。

てんとう虫 から右が かがやき神戸 の作品です
てんとう虫 から右が かがやき神戸 の作品です

2017年 3月個展 in 北野

書のアール・ブリュッド 型にはまらず、そのままの気持ちを

入口風景 万歳がお出迎え
入口風景 万歳がお出迎え

さわやかな 一面を作れました。

 

NK2,くーにん、塩見さん

の三作品

春ののどかな風景ができました。

『地蔵』は やまのまちのやきもち地蔵。

蒲公英(たんぽぽ)、軽やかにのびやかに、かつ のんびりと。

お雛様の季節をイメージして

こんな可愛い人形たちも お出迎えしています

 

餅田さん『笑』 馬袋さん『満開』 良さん『命』
餅田さん『笑』 馬袋さん『満開』 良さん『命』

 

這いよれ

 

いつもアニメシリーズを精魂込めて書かれている あっくん。

声優 と 這いよれ

で熱い思いを感じてください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぐりぃと ぶっちょさん

『こんにちは』

なんだか きちょうめんに 左に縦線を並べました。

ぶっちょさんの 姿勢を正して、元気に声をだして言う、『こんにちは』の明るい声が響くようです。